伊勢ケ 浜三郎と命名

先日の休日。天気も良く、絶好のお散歩日和でした。

朝から異臭を放つ長男・次男の靴を洗って天日干しし、一通り掃除も終わったので、子供たちお待ちかねのお出かけに。

天気も良く温かかったので、伊勢ケ浜へ行ってきました。

KIMG0811

KIMG0814

伊勢ケ浜は入り江も広く波も穏やかで子供たちも大興奮!!

砂遊びや波との駆けっこをして大喜びです。

しばらくそうやって遊んでいるうちに、浜の奥の方まで歩いてみました。

奥の方は大きい岩山がありますが、子供の好奇心にかかれば、岩山も十分アトラクションです。

裸足でどんどん登っていきます。

KIMG0817

少し登ると、奥に小さな砂浜を見つけましたが、岩山を登って向こう側の砂浜へ行くのは、大人でも危ない位足場の悪い場所を通らなければなりません。

流石に諦めムードになったのですが、裏の山道を通れば行けそうな気がしたので、裸足のまま子供たちを連れて回り込んでみることに。

途中までは大御神社の散歩道のため、安全な道なのですが、浜へ行くには獣道の様な道と日本むかしばなしに出てきそうな林を抜けなければなりません。

どうにか無事そこを抜けて辿り着くと、憧れの小さな砂浜に到着です。

KIMG0820

KIMG0819

KIMG0821

 

プライベートビーチの様でちょっと贅沢な空間に子供たちも大興奮です。

たっぷり遊んで帰り、大満足のお散歩でした。

帰ってから、あの小さな浜には呼び名があるのか調べましたが出てきません。

123

伊勢ケ浜にはメインの砂浜(左図1)以外に逆側にも、やや広くて岩山から辿って行ける砂浜があり(左図2)、今回行った小さな浜があります(左図3)

あんな素敵な砂浜に名前が無いのは可哀想なので、今回行った砂浜を勝手に「伊勢ケ 浜三郎」と名づけました。

皆さん、伊勢ケ浜に行かれた際は、是非、浜一郎、浜次郎だけでなく浜三郎にも行かれてみてください。