恩をあだ名で返す!?

先日の休みに、長男の同級生が遊びに来ていました。

僕の時代とは違い、小学1年生は2人で遊びに出かける事は学校の規則で出来ない様で、近所の公園でも保護者同伴です。

下の子2人も連れ、公園で自転車やサッカーボールで遊んでいると、おじいちゃんに連れられ子供が3人やって来ました。

長男と友達は自分たちで遊んでいたので、僕は下の子達のブランコを押していると、おじいちゃんと来た3人もブランコで遊び始めました。

KIMG0659

少しブランコで遊んでいると、おじいちゃんも疲れたようで、「帰るぞ」と言いますが、子供たちはまだ遊びたいご様子。

おじいちゃんが帰ろうとしても、なかなかブランコから降りません。

ここは先輩(おじいちゃん)に恥をかかせてはいけないと思い、僕がその子たちもブランコを押し始めると、僕の方が力がある分大きく揺れるので、大喜び。

 

次男が一番小さい子にブランコを譲って、4人のブランコを順々に押して行ったり来たりを繰り返します。

そのうちもっと揺らせと催促がかかり、うちの子も「パパおして~」おじいちゃんと来た3人も「パパおして~」と総勢4人の大合唱。

 

子供って不思議なもので、呼び名を変えるのが楽しい様で「パパおして~」が何故か「パンダおして~」になり、それが何故か「おしりさんおして~」になります。

次々違うあだ名で僕を呼んで笑うんですね。

最後は、おじいちゃんも一緒に押してくれて、一通り満足し3人は帰っていきました。

 

ちなみに僕が最後に呼ばれていたあだ名は「寒ブリさん」です(笑)

KIMG0662